iPhone/OS3.0 Bluetooth機能調査まとめ

iPhoneのBluetooth機能でどの程度の事が可能なのか、今日調べてみました。結論から言うと、結構制限されている事が分かりました。仕組みとしては、3.0になって、幾分か拡張されたのだけど、実はかなり制限されていて、直接Bluetoothのデバイスを触れないようになっているようです。

出来ること:
- iPhone同士のアドホックなセッション確率と通信(GameKit API)
- Bluetooth ヘッドホンの利用(自動的に見つける)
- Bluetoothを使ったオーディオストリームのやり取り(この辺詳しくは未調査)
- サードパーティ アクセサリとのBluetoothによる通信(アクセサリデベロッパー契約が必要)

iPhone的には、Bluetooth機能の戦略としては、ExternalAccessary APIというのがあって、それが使えるようになると、直接Bluetoothを触れるようになるんだけども、逆に言うと、それに触れないと、上でリストアップした以外のBluetoothの使い方は出来ない、ということらしい。

MacやPCに気軽に繋げさせちゃうと勝手モデム用のアプリとかボコボコ作られちゃうから、この辺はキャリアに遠慮してApple側でコントロール可能にした、というところだろうか。そのうち、iPhoneをモデム代わりに使う機能を許可するキャリアが過半数に到達したら、徐々に解放して行くとか、そういう計画なのかもしれない。

Comment

管理者だけに表示を許可する

Trackback

Trackback URL:

http://deathcube.blog36.fc2.com/tb.php/8-462d4629